青春セックスエロ漫画|カラミざかりVol2のあらすじと感想!桂あいりの高校生やりまくり作品の画像とネタバレ

桂あいりの最新作『カラミざかり』

その続編となるのが、カラミざかりVol2になります。

常に漫画配信サービスでは、人気ランキング上位におり、さらに1位の期間がほとんど。

本当に人気の作品で、マジで読まないと損するほど面白くあり抜ける作品です。

これからカラミざかりVol2のあらすじとネタバレや感想、そしてカラミざかりVol2をお得に読む方法についてご紹介していきます。

カラミざかりが無料で50ページの試し読みが読めるキャンペーン中!

こんなお得なキャンペーンはブッコミ『Booklive!コミック』だけ

下記の公式サイトからカラミざかりを無料で楽しみましょう〜!

↓↓公式サイトはこちら↓↓

カラミざかりVol2のエロ漫画のあらすじ|4人からみが半端ない

4人でからみ合った翌朝、場面は学校の下駄箱からスタートする。

すでに授業が始は始まっているが、高成は昨日の里帆の姿が忘れられず授業に集中できない。

そんななか体育の授業が始まった。

水泳の授業だが、さっきまでいたはずの貴史と智乃の姿がない。その頃二人は学校のトイレで昨日のように激しくからみあっていた。

そして放課後4人はまた貴史の部屋で集まることになる。

高成は想いを寄せている里帆とヤりたいがなかなか言い出せずにいた。そこで智乃が気を利かせ高成は里帆とヤることになったが、場のながれで里帆が貴史のモノを舐めることになったため高成はお預けをくらってしまう。

だがそれを見て興奮した高成は里帆の後ろから挿入しようとするが、アソコが濡れていないためなかなかうまく入らない。

それでもなんとか里帆に入れることができた高成は想いをぶつけるように激しく腰を動かしていた。

それから4人は学校や家など、場所は関係なく毎日のように絡み合うようになっていく。

夏休みに入り、高成は予備校に通うことになっていた。

するとある日の授業中、貴史から一通のメールが届く。そこには、智乃と里帆が貴史のモノを舐めている姿が写っていた。

この日以外にも3人は貴史の家に集まってからみあっていたが、とくに貴史と里帆は二人でも頻繁にヤッているようだった。

夏祭りの日、4人は久しぶりに集まった。

色々話をしていると急に貴史が外でヤろうといいだした。野球の練習でしばらくヤれないから「ヤリ溜めさせてくれよ」という貴史の提案だった。

祭り会場から少し離れた場所でヤッていた4人だが、そこへ地元の不良がやってきて智乃と里帆が襲われてしまう。

なんとか助かりはしたもののこれをきっかけに4人は連絡を取ることも少なくなり疎遠になってしまう。

しばらくして智乃と里帆は、ひょんなことから同級生のアンナに誘われて肝試しに行くことになる。

二人はそこで出会った藤野という男性に少し惹かれてしまう。

藤野はそれを知ってか肝試しの最中も二人の胸や股間に手を当てていた。

そして肝試しが終わりアンナと彼氏を家まで送ったあと、藤野は二人を自分の部屋へ誘い込んだ。

3人は激しく絡み合い智乃はなんども藤野のモノを咥え、里帆は何度もイカされ続けていた。

そのころ高成は、「飯田、いま何してるかな…」となかなか会えない里帆のことを考えていた。

カラミざかりが無料で50ページの試し読みが読めるキャンペーン中!

こんなお得なキャンペーンはブッコミ『Booklive!コミック』だけ

下記の公式サイトからカラミざかりを無料で楽しみましょう〜!

↓↓公式サイトはこちら↓↓

カラミざかりVol2のエロ漫画を読んだ感想

Vol1に続きこの「カラミざかり」はホントにせつない!最後のセリフなんてホントに悲しすぎる!

そもそも、想いを寄せている女の子が、友達のものを咥える姿や挿入されて感じている姿を見なければいけないなんてあまりにも残酷…

でも、そこが「カラミざかり」の魅力なのはいうまでもない。

好きな娘のセックスを見て興奮してしまう自分と純粋な想いを抱いている自分との葛藤がうまく表現されていて、少し激しい内容ではあるが思春期の性への感覚がうまく描かれている。

本能と理性がごちゃまぜになり、なにが正しくてなにが間違いなのかわからなくなってしまう感覚。

一度読んだらもう逃れられないストーリー展開だ。

今回も貴史の空気の読めなさというか鈍感さが際立ってたな。王様してみたり里帆に潮吹きを仕込んだりやりたい放題。

でも高成も結局は興奮してハメまくってたから文句は言えないんだろうな。

そういう意味では4人の中で智乃が一番いいキャラ設定かもしれない。見たまんまの好奇心旺盛なキャラで物語のバランスをとってるね。

逆にかき乱してくれてるのが里帆。

清楚でおとなしめの里帆が簡単にモノをくわえたり拒むことなく挿入を許すところがどこか悔しい気持ちになる。自分のものでもないのに取られてしまった感が強い。

まさに作者の思うツボ。

そしてあたらしく登場した藤野というキャラクターも気になる。

高校生にはない大人の魅力が智乃と里帆にはたまらなかったのかもしれない。

と言ってもストーリーの最後には2人をガンガン犯しまくっているのでいまさら聖人君子であるとは思えないが、今後の高成たちとの絡みも気になるところだ。

今回の作品で男子側と女子側の方向がかなり変わってしまったので、今後ふたたびからむのだとしたらどのように交わるのかがとても気になる。

ここまで本能的な展開で来たのなら世間で言う純粋な高校生の恋愛は期待しない。

でもせめてvol3では高成の想いが報われる展開であってほしいと願う。

カラミざかりが無料で50ページの試し読みが読めるキャンペーン中!

こんなお得なキャンペーンはブッコミ『Booklive!コミック』だけ

下記の公式サイトからカラミざかりを無料で楽しみましょう〜!

↓↓公式サイトはこちら↓↓

カラミざかりVol2をお得に読めるのはブッコミ『Booklive!コミック』で50%オフ

カラミざかりVol2をお得に読めるのは有名電子書籍サービス『Booklive!コミック』

Booklive!コミックでは、初月登録が無料となるキャンペーン中!

ということは

カラミざかりVol2が、通常価格より50%オフで読めて楽しめるということ。

さらに

2020年1月16日まで期間限定ではありますが、カラミざかりの1話目が無料で読むことができます。

桂あいり作品のカラミざかりシリーズを読むならブッコミことBooklive!コミック一択です!

カラミざかりが無料で50ページの試し読みが読めるキャンペーン中!

こんなお得なキャンペーンはブッコミ『Booklive!コミック』だけ

下記の公式サイトからカラミざかりを無料で楽しみましょう〜!

↓↓公式サイトはこちら↓↓